潜在意識が開花する!引き寄せ心理学メールマガジン 登録する

ネガティブな面がある方が幸福になれる?~ポジティブ思考に捉われすぎないことの重要さ~

引き寄せ心理学

「ポジティブ思考は人生を幸福に導いてくれる」そう思っている人はとても多く、実際に自己啓発のセミナーなどでは「ポジティブ思考」をかなり強めに推奨しています。

しかし、現実ではポジティブ思考に捉われすぎてしまうよりもネガティブ思考をある程度残しておいた方が成功しやすかったりするのです。いったいなぜポジティブ思考に捉われすぎると成功の確率が下がってしまうのでしょうか?

この記事では、そんな「ポジティブ思考に捉われすぎないことの重要性」について解説していきたいと思います。

目次

ポジティブ思考に捉われすぎない方が良い理由

まずはじめに、「ポジティブ思考は使い方によってかなり大きな力を生み出す」ということが前提となる話であることを理解していただきたいと思います。ポジティブ思考は使い方によってかなり大きなメリットを得られる反面、使い方を間違ってしまうとデメリットにもなり得るということを知っていただきたいのです。

自分はポジティブ思考なのかネガティブ思考なのかということは、実は遺伝子や本質的な部分であることがわかっており、簡単に変えることができないものと言われています。それゆえに、無理に自分自身のすべてをポジティブ思考に変えようと思っても逆にストレスや不安が増えてしまい、かえって成功から遠ざかってしまう可能性が高いのです。

「自分は人前で話すことがめちゃくちゃ苦手だけどこれからは人を惹きつけるような話ができる」「今までは無理だったけど3ヶ月後までに体重を10キロ落とす」このように、自分が苦手だった部分をポジティブ思考によって変えていこうとする人もいるかと思います。しかし、実際にこれらを成功する確率はかなり低く、理想と現実とのギャップによってストレスを抱えてしまうのです。

このようなデメリットを起こさない為には、「ポジティブ思考に変える部分とネガティブな思考を変えない部分」をしっかりと線引きすることが重要だと言えるでしょう。

比較的自然にポジティブに変えられそうな部分はポジティブ思考に持っていく

ネガティブ思考になっている時は、自分に自信を持つことができず、リスクを冒してまで挑戦することはしません。これがデメリットになる場合も多々あるのですが、危機管理としてメリットとなることもあります。「最悪を想像した方が未来に対する不安が軽減される」ので、ネガティブな思考の方がストレスを感じずに済むケースもあるのです。

特に前述したような「明らかに高い目標」や「自分に向かない挑戦」に関してはネガティブな思考であることの方が良いでしょう。ただし、やはり多くの成功を掴むためには挑戦することが必須となるので、ポジティブな思考も非常に重要です。

つまり、比較的自然にポジティブ思考に変えられそうな「ちょっと自信がある事」や「成功する可能性が高めの目標」などはポジティブ思考を利用するのです。幸福感を決めるのは「コントロール感」です。ネガティブ思考やポジティブ思考を上手にコントロールしながらリスクを回避したり成功を手に入れたりすることができれば、「自分の力で成功を掴み取った」という大きな幸福感を味わうことができることでしょう。

ポジティブ思考は「断言しすぎない」ことも重要

時にポジティブな思考も必要だということをお話ししましたが、一つだけポイントがあります。それは、「断言しすぎない」ことです。

例えば「あと1週間で絶対に〇件の営業成果を上げる」「自分は絶対に今年○○の資格を取る」と断言しすぎてしまうと精神の逃げ場がなくなり、次第に精神の逃げ場がなくなってしまいます。これでは幸福度は下がる一方ですし、最悪鬱病などを発症してしまう可能性もあります。そうならない為にも、「断言せずにポジティブ思考を実践する」ことが重要なのです。

自分を受け入れてからポジティブ思考を実践することが重要

ここまで「ポジティブ思考とネガティブ思考の両方とも重要である」という内容を解説してきましたが、その両方を上手にコントロールするためには、「自分自身を受け入れる」ことが非常に重要です。自分自身を受け入れるというのは、「自分にはどんな短所と長所があり、どのような思考なのか」をしっかりと理解して受け入れるということです。

例えば自分の家から海外に旅行に行くとして、ずっとその国の方角に進んでいっても辿り着くことはできません。「自分がどれだけその国の言葉を理解できて、お金をいくら持っていって、車で空港まで行くのか電車で行くのかを決め、パスポートや着替えを用意する」というように、自分の状況をしっかりと理解することで目標の場所に辿り着くことができるのです。

人生もこれと同じで、自分自身を深く知り受け入れることが夢や目標を達成したり幸福度を高めるための大前提となるわけです。

まとめ

今回は、ポジティブ思考に捉われすぎないことの重要性について解説してきました。

  • ポジティブ思考は大きなメリットを得られる反面、デメリットにもなり得る
  • ネガティブ思考は危機管理や最悪を想定することで未来への不安を軽減させることができる
  • ポジティブ思考は「断言しすぎない」ことが重要
  • まずは自分自身を受け入れてからポジティブ思考とネガティブ思考を上手にコントロールする

成功や高い幸福度を得たいのであれば、漠然と「ポジティブ思考にならなければ」と思うのではなく、これらのしっかりと理解して意識改革を行うことをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次