潜在意識が開花する!引き寄せ心理学メールマガジン 登録する

ポジティブ思考になる為に意識すべき4つのポイント

ポジティブ思考で暮らしている人は自然と笑顔が多くなり、幸福度の高い人生が歩めると言われています。しかし、現代は様々な物事からストレスを受けやすい時代なので、「ポジティブに生きよう」と思ってみてもなかなか実際に実践できなかったりするものです。

それもそのはずで、自分自身で簡単に思考を変えることができるのであれば人類は全員ポジティブ思考になることができ幸福に生きられているはずです。ネガティブ思考だった自分をポジティブ思考に変えるためには、「変えるための方法」を知り時間を掛けて実践していく必要があるのです。

この記事では、そんな「ポジティブ思考になる為に意識すべき4つのポイント」について解説していきたいと思います。

目次

「ポジティブ思考になる為に意識すべき4つのポイント」

それでは、ここからは実際に「ポジティブ思考になる為に意識すべきポイント」を挙げていきましょう。

①ポジティブ思考の人の傍にいることを心掛ける

冒頭でも話した通り、ネガティブ思考を自分自身で変えていくのはなかなか難しいものです。

しかし、自分の周りにポジティブな人がいればその影響を強く受けることが出来ます。なるべくそういったポジティブ思考の人の傍にいることを心掛ければ、「あ、こういう場面でもそんな風に物事を捉えられるんだ」というように勉強になりますし、気が付けばその影響によって自分も少しポジティブになったりもするはずです。

②過去と未来を紙に書き出す

ネガティブ思考の人の特徴として、「過去を引きずる」というものがあります。

失敗や他者から受けた嫌な言動や行動を時間が経っても引きずってしまうことで、精神的なダメージが深くなってしまうのです。そうならない為には、「過去と現在を切り離す」ことと「未来の事を考える」ことが重要となります。

マイナスの感情になってしまうようなことが起きた時、その事柄を紙に書き出し、併せて「これからどう動くのが理想的なのか」を書き出します。こうすることで、過去を引きずることなく意識を未来に向けることが出来るようになるはずです。

③ネガティブな言葉を使わないようにする

言葉の力は絶大です。自らが発した言葉は、他者を深く傷つけることもあれば自分自身の潜在意識を悪い方向に変えてしまう力もあるのです。

例えば、「忙しい」という言葉はネガティブな意味を含んでしまうので、「大変だけど頑張ろう」とポジティブ要素を入れます。他にも、「あー疲れた」という言葉も「いやー頑張った」と変えることが出来ますし、「ダメだよ」という言葉も「こうした方がいいんじゃない?」というように変えることが出来ます。

事前に良く使うネガティブ言葉を書き出し、それを言い換える言葉を調べて書いておくことで、どのような言葉に言い換えれば良いのかが理論的に把握できます。

④疲れない程度にスケジュールを埋める

仕事が終わった帰り道や、夜寝る前など、比較的心身ともに落ち着いている時にネガティブな思考に陥ってしまいがちです。
あまりにもスケジュールを詰め込むのはNGですが、程よくスケジュールを埋めて「考え込まないようにする」というのも良い方法だと言えます。

特にスポーツや筋トレ、カラオケといったような体を動かしたり大きな声を発するような予定を入れておくと、ネガティブな思考に陥らずに済みストレスも発散することができます。

まとめ

今回は、ポジティブ思考になる為に意識すべき4つのポイントについて解説してきました。

  • ポジティブ思考の人の傍にいることを心掛ける
  • 過去と未来を紙に書き出す
  • ネガティブな言葉を使わないようにする
  • 疲れない程度にスケジュールを埋める

もしもネガティブ思考によって幸福感を得られていないと自覚しているのであれば、この4つの方法を試してみるべきだと言えるでしょう。

ぜひこれらの方法を実践してポジティブ思考を身に付けてみてはいかがでしょうか?きっと今よりも幸福感を得られるようになるはずですよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次